ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

↑低価格で即日発送対応のピルはこちら↑

避妊方法の種類

様々な避妊方法
妊娠の仕組みを学んだ所で、次は避妊方法です。

 

 

口径避妊薬(OC)
女性ホルモンが含まれた錠剤を毎日服用する事で、妊娠中に近い状態を作り出します。

 

その為、排卵が抑制・精子の子宮内侵入の抑制・子宮内膜に着床がしにくい状態になります。海外では主流の避妊法で、正しく使用すれば、約99.9%の避妊率を誇ります。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

 

避妊術(男女)
男性、女性どちらかが、手術によって精管や卵管といった精子や卵子の通り道を切断する事によって、避妊を行う方法です。

 

一度、手術を行えばほぼ100%に近い避妊が可能ですが、手術を一度してしまうと子供が作れなくなってしまうので、将来子供を作らないことを前提として行う必要があります。

 

 

子宮内避妊具(IUD)
子宮内避妊具を子宮内に挿入する事で、受精卵の着床を防ぐ方法です。ピルと同等以上の避妊効果があります。

 

一度、設置すればしばらくの期間効果が持続しますが、設置や撤去に関しては医師にしてもらう必要があります。

 

また、出産経験のない女性には向いていません。生理痛が悪化したり、生理による出血量が変化したり、副作用等もあります。

 

 

コンドーム
男性器に装着する事で、精子が腟内に入るのを防ぐ方法です。

 

避妊に失敗する可能性も高く、避妊具というよりは性感染症予防に効果を発揮します。

 

 

殺精子剤
精子の働きを殺す薬剤を、セックス前に腟内に挿入します。避妊に失敗する可能性も高く、副作用も懸念されています。

 

その他、リズム法と呼ばれる妊娠しやすいタイミングを予測し、その時期はセックスを避けるなどといった方法もありますが、あくまで予測となり確実性はありません。

 

オギノ式や、基礎体温法などが有名です。

 

ピル通販TOPへ