ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

↑低価格で即日発送対応のピルはこちら↑

ピルの種類とピルの正しい飲み方

ピルの種類

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

一相性ピルと二相性・三相性ピル
ピルには様々な種類が有りますが、基本的には28日周期で服用します。開始から21日間ピルを服用し、7日間服用をお休みするのが通常です。

 

服用するピルに含まれている、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが全て一定量で配合されているピルを一相性ピルと言い、配合量が飲む期間で変化するピルは二相性・三相性ピルと言います。

 

一相性ピルは飲み間違いを防げぎやすいといったメリットがあり、二相性・三相性ピルは摂取する総ホルモン量を抑える事が出来る為、副作用を軽減する事が出来るといったメリットがあります。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

21錠ピルと28錠ピル
主にピルは21錠タイプと28錠タイプに別れています。21錠タイプのピルは1シートに薬がまとまっており、21日間服用した後7日間のお休みします。

 

お休み中には生理が発生しますが、この期間に卵胞が成長しますので、次のシートを開始するのが遅れてしまうと、避妊率が低下しますので注意が必要です。

 

28錠タイプの場合は、通常の21錠に追加してホルモンの成分が入っていないプレセボ錠と言われる錠剤が7錠付いています。

 

プレセボ錠を飲んでいる期間は、ピルをお休みしている期間と変わらない為、毎日服用する事で飲み忘れを防止する為で、この期間に生理が発生します。

 

 

ピルの飲み方

ピルは正しい服用方法を守らないと避妊効果が低下してしまいますので、正しい服用方法を必ず守りましょう。

 

ピルを開始するタイミングは決まっており、何時でも飲み始めて良いわけでは有りません。ピルのスタートには、Day1スタートとSundayスタートと、2種類あります。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

Day1スタート
生理開始1日目からピルの服用を開始する方法です。

 

メリットとしては、服用を開始する日がわかりやすいですが、生理の開始日をコントロール出来ない事で、週末に生理が重なってしまったり、第二周期の服用開始日が生理開始1日目ではない為、間違えやすいといったデメリットも有ります。

 

Sundayスタート
生理開始後の最初の日曜日からピルの服用を開始する方法です。

 

メリットとしては、カレンダーと服用するペースが同じな為わかりやすく、週末に生理が重ならない為、お休みに運動やデートなどで過ごしやすくなります。

 

また、服用開始が日曜日になる為、服用開始日を間違えにくいといった事が上げられます。

 

ピル服用開始から最初の1週間は他の避妊方法と併用が必要になるので、注意しましょう。

 

ピルの飲み忘れ
1番怖いのが、この飲み忘れです。飲み忘れを防ぐためにも、毎朝の歯磨き後や顔を洗った後など、毎日行う行為と同時にピルを服用する癖をつけることで、飲み忘れをする確率を下げる事が出来ます。

 

もしも、ピルを飲み忘れてしまった場合は、飲み忘れが1日だった場合はすぐに飲み忘れた分を飲んだ後、通常通りにその日の分も定時に服用して下さい。

 

もし、1日を過ぎてしまった場合は、服用していたシートを破棄して、次の生理開始まで待ちます。次の生理が来たタイミングで、開始した時と同じ様に再度ピルの服用をスタートして下さい。

 

但し、飲み忘れたピルが28錠タイプのプレセボ錠だった場合は、問題ありませんのでそのまま服用を続けて下さい。

 

ピル通販TOPへ